メッセージ

message
もっと、自由に! 私たち自身の可能性の翼を拡げよう!

いろいろな思い込み、固定観念は、我々互いのそして自分自身のポテンシャル(本来の能力)の発揮を時として阻害する。

時代が変われど、社会が違えども、老若男女も関わらず、正否善悪の区分けなど、普遍(不変)的であるべき判断基準などと共に、いろいろな思い込み・偏見からくる、 すでに間尺に合わない陳腐化してしまっている固定観念が存在する。現代社会でのビジネスの風習、マナーなどにも、同様に陳腐化したものもあるであろう。

我々は時としてまた多くの場合この陳腐化した固定観念に囚われて考え、判断し、行動する。それは様々な関係に於いて、相手との良好な繋がりを構築する上でも大きな足枷となる。また一方で自分自身の能力に向けての過少概念・思い込みも、我々本来の能力を発揮することも阻害しているのだ。

自分から外に(相手に)向けてや、自分自身の内に向けてのこの様な思い込みや固定観念を打破することで、皆それぞれの思考・嗜好の多様性を認め、寛容性を育み合い、自分自身の可能性をも認めることで、ひとりひとりが自由な解放感を獲得し、それが互いの(そして自分自身の)本当の潜在能力(ポテンシャル)を引き出すことに繋がると信じている。

私自身が、ある勉強会でLGBT市場に関する話題に接する機会がありました。その折、セクシュアルマイノリティの方に対する周囲の差別的で偏見に満ちた反応に違和感と疑問を覚えたことがきっかけで、当事者の方に接触を図り、仕事を通じてお互いを理解し合い、協力し合えないか模索するなかから、今回のブランドの共同構築に至りました。 このCASSAROSは、LGBTの方に対する意識変革の推進を暗示していますが、そもそも「セクシュアルマイノリティに対して隔壁概念を強く持っている方こそが少数派である」と思っています。セクシュアルマイノリティの存在を理解承認する人々の多さが、彼ら当事者自身の中にある思い込みの枷から気持ちを解放することに繋がると期待していますが、実は、私達一人ひとりこそ、セクシュアリテイに関わらず、自身の中に自己の能力への過少評価の思い込みを持っていて、その思いの枷に縛られていることが多いのではないかと、私自身が気付かされたのでした。 自分自身への尊重承認の気持ちを持ち、伸び伸びと本当の能力を発揮しよう。LGBTの方へのエールの気持ちの概念が、加えて何ら分け隔ての無い我々皆のお互いへの、そして自分自身への応援の意味を込めたこの様なメッセージと重なりました。理解承認の輪が広がることを期待致しますと共に、このブランドを通じて得られた収益の一部は、LGBTの団体活動などに還元していきたいと考えています。 株式会社サニー 代表取締役 西川雅章

CASSAROS

※LGBT (エル・ジー・ビー・ティー):女性同性愛者(レズビアンLesbian)、男性同性愛者(ゲイGay)、両性愛者(バイセクシュアルBisexuality)、そして性同一性障害(トランスジェンダーTransgender)の人々をまとめて呼称した言葉。海外ではすでに一般的な用語となり概念となっている
※Ally(アライ):セクシュアルマイノリティの存在を理解承認する人々、LGBTの理解者

Great thanks to
開発会議参加メンバーの皆さま/mashosakaMASH大阪/distadista大阪
撮影協力:松園健史 /モデル協力:KOBA、HIRO-C、有田匡
ハッピートライアングルハッピートライアングル/日本同性愛者協会一般社団法人 日本同性愛者協会
and all our ally member

Copyright © SUNNY All Rights Reserved.